2011-04-13(Wed)

「CO 移植コーディネーター」

20110413(1).jpg
本日、15歳以下の国内初の臓器移植があるので、
偶然とはいえ、このドラマがとてもタイムリーな感じがしました。

前にブログでも書いた 海外ドラマ スリーリバース と
WOWWOW連続ドラマW 
「CO 移植コーディネーター」 毎週日曜よる10:00 全5話
同じ臓器移植でも、アメリカと日本では全然違っているような気がします。

ドラマを見て思った、コーディネーターがしている仕事とは、
スリーリバースは、臓器移植専門の病院で、移植待ちの患者がいます。
COは常駐していました
適合した上で順番(社会貢献度で順位もあがるらしい)
輸送の為の手続きや登録などがメインです。
臓器がいつ提供されるか解らないので、ほぼPCの前でいます。
家族への説明等は医師がしていました。

日本では、コーディネーターが説明、脳死判定の立会、移植終了まで
提供者家族の傍でいました。
ちなみに虐待されて死亡した子供の臓器摘出はできません。

詳しくは知らないので、あくまでもドラマで見た限りの感想です。
アメリカは医療費(入院費)が高いので、それが提供決断の理由の
ひとつなのかもしれません。

ドラマでは、コーディネーター役の吉岡秀隆さんの声がすごくやさしくて
落ち着いていてよかったです。
こういう時、人柄とか雰囲気って案外重要かもしれません
コトー先生みたいでもありましたが・・・

アメリカはとても進んでいるとも思いましたが、
日本でも少しずつ変わってきているみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

miu

Author:miu
F4ずっと応援します♪

総閲覧者数
Welcome
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示