2011-01-19(Wed)

ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワーク2011年01月15日より公開
世界最大のSNS「Facebook」誕生のについて
マーク・ザッカーバーグらを描いたフィクション映画
第68回ゴールデングローブ賞映画部門 4冠
作品賞 監督賞 脚本賞 作曲賞
映画の内容のどこまでがフィクションかは判断できませんが、

映画に出ている人物は実在の人物で、ご本人達
マーク・ザッカーバーグ
20110119(1).jpg

エドゥアルド・サベリン
20110119(2).jpg

ショーン・パーカー
20110119(3).jpg

キェメロン&タイラー・ウィンクルボス兄弟
20110119(4).jpg


冒頭からマークの早口に圧倒されます

アメリカのドラマでよく見ますが、大学のクラブへの加入に対する情熱ってすごいですよね。
ビバヒルで言う、社交クラブとか・・・
加入するのにすごく大変で、無理な課題があったりだとか

大金持ちなると、失うものも多いのか? 元々そういう人だったのか?
こういった映画を観た後は、実際はどんな人物なのか、つい気になってしまいます


去年からFacebookを利用するかどうか、
ツイッターも、自分から発信することにはあんまり意義を見いだせません。
多分、目的が違うからか・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

miu

Author:miu
F4ずっと応援します♪

総閲覧者数
Welcome
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示