2006-12-30(Sat)

武士の一分


一分って何???

「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。

無知なもので、いろいろ謎が出てきました。 
これって、どこの設定???
方言なんでしょうけど、語尾に 「がんす」が気になって気になって・・・最後まで。
映画が終わった後、二人でその話をした時、
私が「ドラキュラ男かよ!」と言うと、「オオカミ男だろ!」とすかさずツッこまれました。
そういえば、ドラキュラは、ざます。 フランケンは、フガっ。

30石 ってどのぐらい???
有名な話、加賀百万石 っていいますよねぇ。
この時代はこんなんだったのか~とか、武士もいろいろ大変だなぁ~~って感じです。
家も食事(写真)も、めちゃくちゃ質素。

内容が地味だからこそ、華のあるキャストを派手にしたんでしょうか?
桃井かおり さんもおもしろキャラでしたが、
笹野高史さん(徳平役) も味があって中々よかったです。
時代劇~~って感じでなく見られるのがいいかもしれません。
プロフィール

miu

Author:miu
F4ずっと応援します♪

総閲覧者数
Welcome
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
Twitter
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示